痛み」タグアーカイブ

ぺニス増大で痛みが…再手術の必要はある?

痛み自体は珍しくはない

ペニス増大手術は、ヒアルロン酸を注入したりシリコン型を埋め込むなど色々ありますが、ほとんどぺニス増大の場合は組織に傷を付ける行為を伴います。
注入のためには注射針を使用しなければなりませんし、シリコン型はメスによって切開した部分に挿入する形です。
そのため術後に痛みを感じることは決して珍しくはありません。
性器は非常に敏感な部分なので手術中は当然麻酔を使用するため、痛みを感じずに終えられます。
けれどその麻酔が切れたら当然痛みを感じるようになります。
またもちろん手術直後から痛みがないことも考えられます。

基本的には手術中に付けられた傷が身体の機能によって治癒されれば、痛みも自然となくなるものです。
注入型のぺニス増大手術であれば、数日も経てば感じなくなるでしょう。
痛みが激しい場合のことを考えて、鎮痛剤が処方されることもあります。
どれほど続くかは個人差がありますが、痛みは原則として残りません。

痛みは再手術の基準となる

ぺニス増大手術後に痛みが発生すること自体は、珍しくありません。
しかしその痛みが異常を確認する目安になることもあります。

ぺニス増大手術を行っているところは数多くありますが、その全てが問題なく手術を終えられるわけではありません。
中には技術的に未熟な医師が手術をしたり、個人による性器の違いを見抜けないなどで間違った結果を招くこともあります。
そんな失敗に伴って発生する痛みの場合は、再手術をしなければ治まらないかもしれません。

再手術が必要なパターンとしては、ぺニス増大のための注入や挿入をする場所を間違っているものが多いです。
そしてそのまま放置しておくと、最悪の場合はその周辺の組織が壊死していきます。
そのためなるべく早く再手術をしなければなりません。
その基準となるのが痛みで、耐えられないのであればすぐに、我慢できるとしても中々治まらないのであれば可能な限り早めに対処しておいた方が良いです。

まとめ

ぺニス増大手術で痛みが伴うことはそれほど珍しくはなく、大抵の場合は数日待てば治まります。
痛みがどれほど続きそうかは、施術前後に目安が伝えられるでしょう。
しかしその目安の日数が経過しても痛みが治まらなかったり、より強く感じられるようであれば、医師に相談した方が良いです。

再手術が必要かどうかは、素人では判断することはできません。
したがって最悪の場合を回避するためにも、我慢して耐えるようなことはせずに、なるべく早く相談するようにしましょう。

ぺニス増大の痛みの悩みはカウンセリングで相談

ぺニス増大の痛みはカウンセリングで解決

どんなに簡単だと言われる治療や施術でも、術後まったく痛みを感じなかったり、すぐに普段通りの生活ができるようになるのは稀です。
麻酔が効いている間は無痛であっても、麻酔がきれたら痛みや違和感を感じるのが人だからです。
ですが、その痛みが一時的なものであれば良いですが、長く続くようであれば医師に相談して痛み止めをもらったり、痛みが少しでも軽減されるような処方をしてもらう必要があります。
ペニス増大の場合も同じで、簡単に自分の手で押さえたり触れたりすることができない部分でもあるために、耐えられないような時は相談することが大事です。
激しい痛みでなくても違和感を感じることがあればカウンセリングを受けましょう。
正しく治療が行われ、成功したのであれば痛みはいずれなくなるものですが、万が一治療の失敗などが原因の場合は痛みの原因を取りのぞかない限りいつまでも痛みが続くことにもなってしまうので大変です。

ペニス増大の仕上がりで痛みの原因がわかることもある

術後の痛みは、ペニス増大の仕上がりで分かるということもあります。
仕上がりがいまいちであったり、形がおかしい場合はそれが痛みの原因だとも考えられるからです。
こうした失敗が痛みの原因になっているような時は、もう一度施術しないと治まらないこともあります。
正しい治療が行われることでようやく痛みから解放されるということもあるので、痛みが治まらない時は失敗も疑いましょう。
もし主治医が失敗を認めなかったり、対応をしてくれないのであれば、もう一度きちんとぺニス増大をしてくれるクリニックを探すようにしましょう。
費用が二倍かかることで費用の心配をする人もいますが、正しく施術してもらい、失敗が原因の痛みだとわかれば料金の返金も求める日本とができるでしょう。
しかしながらぺニス増大による失敗で再度施術をしても、まったく同じ元の形には戻らないので、そうしたリスクも考えたうえでぺニス増大に挑むことが必要です。

まとめ

ぺニス増大での痛みは、術後徐々におさまってくることが普通ですが、耐えられないほどの刺激が続いたり、痛みが治まらない時は失敗も疑われます。
そうした時は我慢を続けるのではなく信頼できる医師へ相談しましょう。
カウンセリングをしっかりしてくれるクリニックであれば、そうした時の対応にも相談に乗ってくれますし、その後解決に向けての話し合いにも向き合ってくれるでしょう。
また、痛みがどのようなものか正しく伝えることも大切です。

ぺニス増大で突っ張り感のある痛みがあるのは普通?

ぺニス増大手術を受けた後の痛みや突っ張り

ヒアルロン酸注入で亀頭の部分のボリュームを出したり、靭帯にメスを入れたり周辺の皮下脂肪を取り除いたりして埋もれた状態の陰茎を前方へ引き出して長さを強調したりなどのぺニス増大手術は、外科的治療であるため術後に痛みや違和感や突っ張りや腫れ感などの症状が出ることがあります。
突っ張り感のある痛みが出るのは普通ですので、心配しなくても大丈夫です。
術後の違和感は1~2週間程度で解消されますが、勃起に伴う突っ張り感やちょっとした痛みはしばらく続くことも多いです。
徐々に気にならなくなりますが、激しい痛みがずっと続く場合は早めにぺニス増大手術を受けたクリニックを再受診して対処してもらいましょう。
ぺニス増大手術にはトラブルやリスクがつきものですので、クリニックを選ぶときはアフターフォローが万全で治療後も丁寧で手厚いサポートをしてくれるところを選ぶべきです。
知名度が高くて実績が豊富で安定した医療サービスを提供している大手のクリニックだと安心です。

ぺニス増大手術後の過ごし方

ぺニス増大手術後の不調やトラブルや傷口の悪化や菌による感染症などを防ぐために、1~2週間くらいは安静にして患部になるべく刺激を与えない過ごし方を考えるべきです。
日常生活において気を付けなければならないことについてですが、バイクや自転車など股間に大きな刺激が加わる乗り物には乗らず車や電車などの移動手段を選ぶ、激辛料理やお酒は刺激物なのでしばらくは控える、筋トレなどのハードトレーニングや動きが激しいスポーツや疲労が著しい肉体労働はしない、菌が入って増殖するのを防ぐために患部を丁寧に洗っていつも清潔にしておくなどがあります。
勃起をすると突っ張り感を伴う痛みが生じますし、形成されて安定するまでには少し時間がかかりますので、術後2週間は自慰行為や性行為も我慢すべきです。
当日は包帯を巻いて安静にし、入浴は翌日からになります。
最初の1週間はシャワーだけにして、患部をゴシゴシ擦らないようにしましょう。

まとめ

ぺニス増大手術に限ったことではなく、メスを入れて切ったり縫ったりする外科的治療には様々なトラブルやリスクがついてまわります。
術後のトラブルとして突っ張り感がある痛みというのがありますが、これは頻繁に起こり得る普通の現象ですので、あまり心配せずにしばらくは安静にして様子をみましょう。
勃起に伴い突っ張ったり痛くなったりするケースが多いですので、2週間程度は性行為をしないというのも有効的な対策の一つです。

ぺニス増大の痛みはどれくらい続く?

ぺニス増大の痛みはどれくらい続くのか

ぺニス増大の治療をうける際、気になるのは術中や術後の痛みではないでしょうか。
ほかの臓器に比べて、ペニスは最も敏感な部分ですので少しの痛みでも増幅して感じやすいのが実情です。
もちろん、手術中は最大限に痛みに配慮した治療が行われますので麻酔も使いますし術後も痛みはほとんどないケースもあります。

しかし、敏感な部分ですので人によっては痛みを強く感じたりそれが長引くケースもあるのが実情です。
性器ですので、自分で性的な刺激を与えなくても反応してしまえばその分治癒が遅れるケースも出てきます。

痛みの状態がどのくらい続くのかは、どれだけ安静にしていられるかに比例する部分も少なくありません。
又、感受性もありますし個人差があるので答えは一つではないというのが答えになります。
多少の違和感や痛みはあるのが自然ですしどのような手術でもそれは同じです。
麻酔をすれば、術中は痛くありませんのでその点は安心です。

痛みが続くようならドクターに相談を

適切な処置が行われて問題もなく手術が終了したとしても、痛みが続く場合にはドクターに相談をするのが得策です。
性器なので、痛みが多少はあるのが普通ですが感受性は人によって異なりますので不安なままで暮らすのは良くありません。

痛い状態がどのくらい続いているのかや、症状をメモしておくと相談しやすいです。
ぺニス増大手術自体は、実績や経験があるドクターに依頼をするとそれほど難しいものではありません。
ですが、どのくらいいたくなるのかは個人差があるのが実情です。

ぺニス増大の治療を安心して受けるためには、痛くなったときに安心して気軽に相談できるアフターフォローの体制が整っているクリニック選びが重要です。
治療が終わったらそれでおしまいではなく、しっかりと相談に乗ってくれたり治療をしてくれるドクターやクリニック選びがポイントとなります。
すぐに対応してくれるドクターがいるクリニックなら、安心です。

まとめ

ぺニス増大の手術を受けた際、人によっては痛い状態が続くことがあります。
もちろん、すぐに痛みが治まったりほとんど感じない人もいますがこれには個人があるのが実情です。
もしも痛い状態が続くようなら、すぐに対応してくれるドクターがいると安心できます。

クリニック選びをする際には、アフターフォローが充実しているところなら安心です。
専用の電話番号があったりメールで相談ができるところなら、痛みが続くときにも相談できます。