アルギニンの効果|ペニス増大サプリの成分

アルギニンとはどのような成分なのか

現在、様々な種類のペニス増大サプリが販売されていますが、ほとんどの製品にはシトルリンや亜鉛などの成分とともにアルギニンが配合されていますが、このアルギニンとは一体どのような成分なのでしょうか。

アルギニンとは、人間の身体に欠かせないアミノ酸の一種です。アミノ酸には、人間の体内で生成できない必須アミノ酸と、体内で生成できる非必須アミノ酸がありますが、アルギニンは非必須アミノ酸に分類されます。アルギニンは、成長ホルモンの合成を促す・免疫力の向上・疲労回復のサポート・肌の保湿など様々な働きが期待できる重要なアミノ酸ですが、年齢を重ねると体内で生成されるアルギニンは徐々に減少していきます。

そのため、鶏肉・牛乳・大豆といったアルギニンを多く含む食品を積極的に摂取するとともに、サプリメントで効果的に取り入れることが大切です。ただし、普段の食事だけであれば心配ありませんが、サプリメントでアルギニンを過剰摂取すると、胃痛や下痢などの消化器系の不調が生じたり、肝臓・腎臓への負担が大きくなったりするため注意が必要です。

アルギニンが配合されたペニス増大サプリで得られる効果とは

ペニス増大サプリにアルギニンが必ずと言ってよいほど配合されているのは、成長ホルモンの合成を促進する働きがあるためです。成長ホルモンは、文字通り身体が成長するときに必要となるホルモンですが、アルギニンを積極的に摂取して成長ホルモンの合成が促進されると、陰茎海綿体の成長も期待できます。

また、アルギニンがペニス増大サプリに欠かせない成分となっているのは、成長ホルモンの分泌を促進するためだけではありません。アルギニンには、血管を拡張して血流を良好にするNO(一酸化窒素)の生成を促す作用があるため、ペニス増大サプリを服用すると血流改善の効果が得られます。

男性器の勃起は、陰茎海綿体に大量の血液が流れ込むことで起こるため、血流が改善すると普段より陰茎海綿体へ多くの血液が流れ込むことで勃起時のサイズアップにつながります。

加えて、勃起力の向上にもつながることから、アルギニンはペニス増大サプリだけでなく、ほとんどの精力剤にも含まれる成分となっています。

まとめ

大半のペニス増大サプリに配合されているアルギニンは、人間の身体に欠かせない重要なアミノ酸です。アルギニンは、年齢を重ねるとともに体内での生成量が減少してしまうため、普段の食事で積極的に摂取することが重要となりますが、サプリメントを利用すれば効果的に摂取できます。

また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促したり、血流を良好にしたりする働きがあるため、アルギニンが配合されたペニス増大サプリを服用することは単にサイズアップにつながるだけでなく、勃起力の向上も期待できます。